読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀川優美 夢のレストラン!

堀川優美です!

なんとあの映画がついにユニバーサルスタジオに再現されるそうですよ!!

夢の詰まった、大人も子供も楽しめる場所!

実際どういうものなのでしょうか??

ユニバーサルにあのチョコレート工場がついに誕生決定!気になるその情報をご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・オーランドのシティーウォークに、あの「チャーリーとチョコレート工場」をモチーフにしたレストランが誕生します♪ 日本でも公開され大人気だったこの映画の世界がユニバーサルで再現。ファンタジー色たっぷりのあの世界が、この現実世界で味わえるなんて夢の様ですね。どんな世界を体験できるのか、ご紹介します。

あの「チョコレート工場」がついに実現される!

チャーリーとチョコレート工場」は2005年製作のアメリカ映画で、日本でも放映された大人気の映画です。チョコレートに同封された金色のチケットを引き当てた子供たちが、謎のチョコレート工場を見学することができるという、とっても不思議でファンタジーな物語です。

そんな夢のある映画の施設が、ついに誕生することになったんです!

本場のユニバーサルスタジオに登場

チョコレート工場をモチーフにしたレストラン「The Toothsome Chocolate Factory」は、2016年内に、本場ユニバーサルスタジオ・オーランド・リゾートのシティーウォークにオープン予定です。きっと、本当にチョコレート工場に見学しに来たかのような気分を味わうことができることでしょう♪

さすがアメリカなチョコ尽くしメニュー

さすがアメリカのチョコレート工場。メニューはチョコレート尽くし♪ミルクセーキやチョコレートブラウニー、チョコレートアイスクリームなど、チョコ好きにはたまらないスイーツがたくさん♡みんなでシェアしていただきましょう♪


シティーウォークはエンターテインメントの宝庫

 
まるで一つの街のようなユニバーサルシティーウォークは、エンターテインメントの宝庫です♪レストランはもちろん、ライブミュージック、ショップ、シネマ、ナイトクラブなど、1日中楽しめるスポットばかりですよ。

世界のユニバーサルスタジオ

 
ユニバーサルスタジオのテーマパークは「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」だけではありません。ユニバーサル・オーランド・リゾート内には「アイランズ・オブ・アドベンチャー」というテーマパークもあります。

他にも米国の「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」、シンガポールセントーサ島にある「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」、大阪には「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」があります。

金のチケットは不要です!

■ 基本情報

    • ・名称: ユニバーサル・オーランド・リゾート
    • ・住所: 6000 Universal Blvd., Universal Orlando Resort, Orlando, FL 32819
    • ・公式サイトURL: https://www.universalorlando.com/

観ておきたい!映画「チャーリーとチョコレート工場


誰が作ってるの?誰が出演してるの?

チャーリーとチョコレート工場」の原作は1964年にイギリスの作家ロアール・ダリによって書かれた同名の物語です。ロアール・ダリは世界中にファンがいる有名な物語作家です。

この原作を元に映画化したのがティム・バートン監督。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の製作・原案や「アリス・イン・ワンダーランド」の監督でもおなじみの、独特の世界観で世間を魅了する映画監督です。

そして主演はティム・バートン映画にかかせないジョニー・デップ。チョコレート工場長のウィリー・ウォンカの奇怪なキャラクターを見事に演じきっています。

ストーリーをもっと知りたい!

すでに簡単にご紹介したとおり、金のチケットを手にした子供たちが不思議なチョコレート工場を見学するというストーリーですが、実はとっても深いお話なんです。

映画の中で、子供達は保護者1人と工場を見学します。その親子のやり取りや関係性がとても絶妙なのです。甘やかしすぎた結果ワガママ放題に育ってしまった娘とその父親、ゲーム三昧の息子とうまくコミュニケーションが取れない父親など、極端ではありますが、どこか自分や身の回りに当てはまりそうな親子関係が随所に描かれています。

実はウィリー・ウォンカ自身も父親との関係性に悩む一人です。この映画の大きなテーマは「家族愛」と言えるでしょう。

映画「チャーリーとチョコレート工場」の見どころ


登場人物

この映画の登場人物は、他のティム・バートン映画と同様、登場人物のキャラクターがとても個性的です。ジョニー・デップ演じる、工場長ウィリー・ウォンカはキテレツながらも夢を実現する行動力を持っていて魅力的です。

また工場を見学する子供の一人、チャーリーは思いやりと優しさに溢れるとっても良い子。チャーリーの祖父母も個性豊かで思わず笑ってしまいます。

工場を一緒に見学する他の子供やその保護者たちも、そのキャラクターがはっきりと表現されているので、きっとお気に入りのキャラクターが見つかるはずです。愛嬌たっぷりの工場内のスタッフも要注目です。

音楽

ティム・バートン映画ならではと言えますが、「チャーリーとチョコレート工場」も劇中に多くの音楽が使われています。またどれもミュージカルテイストになっていて、歌詞もストーリーを理解する上で重要な役割を果たしています。

音楽が使われるのは主に工場内です。工場がどんな風に作られたのかや、見学している子供それぞれを説明する曲が流れます。また各曲に合わせて工場のスタッフがダンスをするのも、愛らしくて目が離せません。どの曲も完成度が高く、ミュージカルが苦手な人でも、すんなりと聞けますよ。

日本で買える「チャーリーとチョコレート工場」グッズ

今回オープンするレストラン「The Toothsome Chocolate Factory」はアメリカに行かないと体験できません。日本でどうにかして「チャーリーとチョコレート工場」の世界に近づくことはできるでしょうか?答えはできます!

映画内で鍵になるウィリー・ウォンカチョコレートは日本でも買えるのです。と言ってもスーパーやコンビニエンスストアではなかなか手に入りません。

実はこのウィリー・ウォンカチョコレートは、キットカットでおなじみのネスレが販売しています。ネスレの通販ページやアマゾン、楽天といったネットショップで購入することができます。
ユニバーサルシティーウォークに登場予定の「The Toothsome Chocolate Factory」は、金のチケットがなくても見学可能ですよ♪ アメリカは少し遠いですが、あの夢の様な世界を体験できるならぜひ行ってみたいですね。「ちょっと遠すぎる!」という方はチョコレートをかじりながら映画を見直してみましょう!

素材提供:トリップアドバイザー
最終更新 : 2016年10月04日

どうですか!

そう!あの「チャーリーとチョコレート工場」を

モチーフにしたレストランとのこと!

ここではぜひチョコレートの飲食物を色々頼んでみたいですね!

それでは今日はこの辺で!

堀川優美でした!